マネジメントも、プロジェクトの立ち上げも、やりたいことには手を挙げる

"変化を拒まず挑戦する"会社の考え方に共感して入社を決意

大学・大学院生時代には分子生物学を専攻していました。この経験や知識を活かせる仕事に就くのか、新たな分野に挑戦するのか。いろいろと模索している中で出会ったのが、当社でした。理学系研究職の人材サービスを中核事業として成長してきたWDBグループが、そこに留まることなくCROをはじめ他業界への進出も積極的に行っており、その中でもWDBアイシーオーは非常にユニークで魅力的な会社だと感じました。またWDBグループは当社を始めとして、若い経営人材も多く起用しており、グループ全体が挑戦する姿勢を大切に考え、応援する風土があることも魅力だと感じました。変化を拒まずに新しい事に挑戦できる姿勢は、仕事をする上でとても大切なことだと考えているため、会社の考えに共感して入社を決意しました。

入社してからは一貫して安全性情報に携わっています。現在はプロジェクトリーダーとして、メンバーのマネジメントを行いながら実務も行っていますが、担当業務に対する知識や管理能力などを会社に評価してもらえるようにもなりました。私たちの扱う情報の重要性は非常に大きく、患者さん一人ひとりのため、そして巡り巡っては自分自身にもつながる仕事だと思います。新しい薬が承認された時や副作用に関するニュースが流れた時には、自分の仕事の重要性を改めて認識することができます。一見困難に思える要求をされたり、難しい医療用語が出てきたりと一筋縄ではいかないこともありますが、その分問題が解決した時の喜びも大きいです。

ターニングポイントは沖縄データセンター立ち上げへの立候補

プロジェクトリーダーの役割としては、担当プロジェクト内の各メンバーへの業務指示と進捗状況の把握・管理、そしてクライアントである製薬企業との調整業務も日々行っています。メンバー皆が真剣に業務に取り組んでいるため、時には意見が対立することもありますが、メンバーが楽しく仕事をしている姿を見たり、クライアントから評価されたりしたときは、プロジェクトリーダーをやっていて良かったと心から思えます。また、副作用の情報を製薬企業の専用データベースに入力し、規制当局への報告が必要かどうかの判断を日々行っています。医薬品を安全性という観点から理解するには、最適な仕事です。必然的に関連知識も深まりました。

さらに、本社のみならず、沖縄データセンターでの業務が円滑に進むよう、指示・管理することも私の大事な仕事の一つです。沖縄に拠点を出す際には、その立上げから携わりました。新拠点の開設について経営層から話を聞いた時に、コンセプトや戦略にとても共感したため、「ぜひ立上げに関わらせてください!」と、直接経営層に伝えたことを今でも覚えています。私にとって、沖縄への拠点立上げとその後の事業に関わることは新たな挑戦であり、これから仕事をしていく上での好転機になるであろうと感じていました。自分から望んで任された仕事ですので、とてもやりがいを感じています。そして、以前よりも自分の意志を持ちながら仕事をする楽しさを知りました。責任は大きいですが、自ら手をあげればどんどん新たな役割や役職に抜擢されるチャンスに溢れる環境で、専門性とマネジメントスキルを磨きながら今後もキャリアを築いてきたいと考えています。

実務能力だけでなく、会社の発展にも貢献したい

現在実務を担っている安全性情報の業務はこれからも続けていき、より一層専門性を高めたいと考えています。製薬業界は日々変化しており、新しい規制や考え方もこれからさらに出てくると思います。実務を通して、新しい知識や考え方を常に吸収し、ブラッシュアップしていきたいと考えています。

当社は沖縄データセンターを皮切りに、更に事業拠点を拡大することを視野に入れています。会社が新たな業務をクライアントより受注した際や、新拠点を開設する際などには、これからも自ら進んでその立上げや推進に関わる立場になりたいと考えています。そして、バックグラウンドは異なっていても、同じ目標を持ったメンバーと一緒に会社を成長・発展させていくことを目標にしています。当社には未経験で入社した方でも、成長したいという意思があれば活躍できる場が存在しており、そのことを強みにできている会社でもあります。私自身も、専門領域の実務だけでなく、管理・マネジメントといった様々な経験を積み、知識を得ていき、将来的には、より大きな仕事に挑戦できるポジションに就きたいと考えています。